は通販定休日
※ネットでのご注文は24時間うけつけております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
平日  9:00-18:00
※土日祝祭日(変則、休日カレンダー記載)はお休みをいただきます。 メールの返信・発送は翌営業日となりますので、ご了承ください。


こだわり

健幸プラスは「京都 向島」で食生活から健康を支えるお手伝いを行っております。
看護師・保健師として働いていた経験と、自分自身専業主婦になってからのがんの経験から
健康の大切さを改めて感じたことから
健幸、ひと、生活をつなぐ地域共生企業として、
「生涯につながる健幸」と「人とつながる生活」のサービス提供をもって
すべての人が笑顔あふれる社会へ貢献したいと思い事業を開始しました。

これまでは地域密着型で自分たちの手の届く範囲までの貢献にとどまっておりましたが、
健幸プラスの「味のある減塩レトルト食品」を通じて
皆様が住みなれた地域で安心安全な生活が送れる健康応援を行っていきたいと考えております。

むかいじま 健幸ステーション

配食サービス

厚生労働省が発表した健康的な成人1人あたりの塩分摂取量の目安は、
男性で8g、女性は7gです。
この目安は世界基準より多いにもかかわらず、
実際には多くの方が目安量を大きく超える量の塩分を摂取していると言われています。
日本で古くから取り入れられてきた醤油や味噌などの調味料は塩分が高いこと、
外食や加工食品など塩分の高いものを摂取する方が多いことなどが原因であると考えられます。

※厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

動物性脂肪とは、その名の通り動物に含まれている脂肪で
ロースやサーロインなどの肉類、ラード、牛乳、乳製品などが該当する他、
バターや乳脂肪を多く使うケーキ、チョコレート、アイスクリームといった 洋菓子類にも多く含まれています。

動物性脂肪は主に身体活動の大きなエネルギー源になる一方で
動脈硬化を促進させる危険性が高いとされている
飽和脂肪酸を多く含んでいる為摂りすぎると危険です。
脂肪エネルギーは一日のエネルギーの25%以下が好ましいとされています。

がん患者さんの食事療法として 「食塩」や「動物性脂肪」を含まない食事をされる方が多くいらっしゃいます。
しかしそれらを一切含まない食事を手軽にとることは
とても難しい…

食を通じ長く医療現場に携わった経験を活かし、
食塩を使わない調味料を自社開発!
「食塩無添加」「動物性脂肪なし」でも
「おいしい!」と感じるレトルトカレーを開発致しました。

「いい塩梅」という言葉から、ヒントを得ました。

「塩梅」とはその文字の通り「塩」と「梅」の事を指します。 室町時代の醤油という調味料が出来るよりも前、 梅を塩で漬けると染み出てくる汁「梅酢」を塩と組み合わせることで 当時の醤油のような役割をしていました。

この調味料からヒントを得て現代風にアレンジ、食塩無添加にこだわり作りました。 天然素材の旨味が凝縮された調味料を使用しています。