ビーガンもレトルトのカレーを食べる時代!多様化する食への意識「ビーガン」とは?

健康志向の高まりや考え方の多様化により、摂取する食品についても様々な考え方が存在します。「ビーガン」も食に関する考え方の一つであり、ビーガンの中でも様々なタイプがあります。

また、ビーガンになる背景も一つではありませんので、食塩0(ゼロ)レトルトカレーを販売する健幸プラスが、ビーガンについてご説明いたします。

目次

■ヘルシーな食のスタイル「ビーガン」とは?


ヘルシーな食のスタイル「ビーガン」とは?

ビーガンとは、肉や魚だけでなく、卵・乳製品・蜂蜜など動物性食品の一切を口にしないという主義を持っている人たちのことです。

「完全菜食主義者」「純粋菜食主義者」とも呼ばれています。1944年、イギリスでビーガン協会(The Vegan Society)が設立された際に、ビーガンという名前がつけられました。

・ベジタリアンとの違い

ベジタリアンとは「菜食主義者」の総称で、その中にはビーガン以外にも、主に以下のような考えが存在します。

  • ラクト・ベジタリアン 植物性食品に加え、乳製品は食べるという主義
  • ラクト・オボ・ベジタリアン 植物性食品に加え、乳製品・卵は食べるという主義
  • ペスコ・ベジタリアン 植物性食品に加え、魚・卵・乳製品は食べるという主義

完全菜食主義であるビーガンは、ベジタリアンの中でも制限が厳しいものであることが分かります。

■ビーガンの特徴


ビーガンの特徴

ベジタリアンの中の一種であるビーガンですが、動物性食品は一切食べないという共通点はあるものの、考え方の違いによってさらに分類されます。

・ダイエタリー・ビーガン

食生活以外では、動物性のものを取り入れてもよいという考え方を持つ人を指します。例えば、ウール製の衣類を着たり、羽毛布団は使用したりします。「ビーガン」というと、ダイエタリー・ビーガンを指すことが一般的なようです。

・フルータリアン

植物性のものも、条件によっては口にしないという考えを持つ人を指します。収穫しても再生する果実や木の実は口にしますが、一度収穫してしまったら再生しない根菜などは口にしません。

・エシカル・ビーガン

動物性のものを口にしないだけでなく、皮製品・毛皮など動物性のものを身に着けたり、使用したりしないという考えを持つ人を指します。

■そビーガンになる背景


ビーガンの主義を貫く方には、人によって様々な理由・考え方があります。

・動物愛護

人間の食料になるために育てられる家畜は、不自由な環境で育てられたうえに屠殺されます。これらの数を減らしたいという動物愛護の観点から、ビーガンになることを選びます。

・宗教上の理由

信仰する宗教上の教えに従うことが、自然とビーガンという生き方につながることもあります。例えば、仏教・道教およびそこから派生した仏教系宗教の戒律を重んじている台湾では、ビーガンの方が多く存在します。

・自身の健康のため

野菜中心の食生活を取り入れることが、健康的な体を維持するために良いことは広く知られています。そのため、健康を保つための方法として、ビーガンを選択する方もいます。

例えば、ポテトチップスなど植物性原料(じゃがいも・植物油・塩)しか使用していない食品でも、口にすることはありません。油分が多く含まれ、塩分も高いために、体にとって良くないものであることは明らかだからです。たとえ動物性のものでなくても、体の健康のためであれば、塩分や油分は控えるべきだと考えている表れでしょう。

京都の健幸プラスでは、食塩を含む調味料のみならず、動物性脂肪も一切使用しないので、ビーガンの方にもお召し上がりいただけるカレーをレトルトタイプで販売しています。

食塩0(ゼロ)調味料の開発で、薬膳風味のある味わいあるカレーに仕上がっていますので、健康意識からビーガンを実践されている方や塩分制限のある疾患をお持ちの方にも、安心してお召し上がりいただけます。まとめ買いに対応するセット価格もあり、定期購入にも対応いたしますので、是非ご利用ください。

ご購入はこちらへ

低カロリーや減塩を心がけた食生活

低カロリーのレトルトカレーについて


食塩0(ゼロ)調味料の開発により薬膳風味の味わいのある食塩0(ゼロ)レトルトカレーの魅力について


ビーガンについて


ヘルシーカレーをお求めならこちら!


レトルト食品のメリットとは?


上部へ戻る